人気ブログランキング |

★★ 2019年:年賀 ★★

2019年 賀正

 例年、盆正月の2回、または正月の1回、我が家の状況を飛行機に見立てましてお知らせしております
飛行機用語はよくわからない、という意見もありますが、リアルな表現は、あまりの凄惨さを伝えることにもなりますので、想像を膨らませて、ぜひ、お楽しみ下さい

長女>

 昨年のイーグルは、空港の仲間たちに自分の将来の姿を見せたいのだ、と発奮した。そんな夢のようなことが本当に起きるのだろうかと、空港の仲間たちは半信半疑だったけれど、それでもイーグルにペンキを塗っておめかしし始めたら、もしかしたら本当にそう思っているのかもしれないと思い、その夢のような言動に付き合ってみることになった。
 始めはおぼつかない感じのイーグルだったけれど、飛行に必要な部品の調達や、ライセンスチェックなどのための写真撮影に果敢に挑戦。修理のために飛ばなければいけないとなると、単独で空港を飛び出しきちんと修理をして戻ってくることができるようになった。
そんな中でも、仲間たちへの感謝も忘れずに、天気がいい日などは、長いロープにタオルがはためいていたりしている。
今年は、もしかしたら、スケジュールパイロットの準備に入れるのかも。期待が高まります。

a0252463_22075857.png


次女>

 イーグルほどの大きな変化はありません。相変わらず夜間に格納庫内でレーダーをぐるぐる回してます。情報には偏りがなく、安定して正確で、頼もしい情報源になっています。また、ケーキを作るような慎重さ加減で、みんなの分の燃料を作っている。ストップウォッチと計量器を手にして。そんなにしなくても燃料はできるような気もするんだが。そしてたまに、朝起きて格納庫にいくと、他の飛行機がピカピカに磨き上げられていることもしばしば。その仕上がり具合からあきらかにこの情報収集機の仕業なんだが、誰もその姿は見ていない。まだまだ、下の写真のように空を飛びそうにないけれど、その雄姿を早く見てみたいものだと仲間は待っている。
a0252463_22215710.png


とうちゃん(私)>


 老体のフェアチャイルドC-82パケット(映画「飛べフェニックス」の飛行機)は、昨年に入ってすぐに敵のスパイからの攻撃を受け、再起不能になったと誰もが思った。そのうちに、一時的な資金繰りに失敗してオイルの供給ができなくなった。悪いことは続いていく。今度はオイルを供給しても飛行機全体にうまく回らなくなった。
それでもいい整備士がいて、少し回復をして飛べるようになってきてはいたが、今度は、エンジンに燃料を送るポンプに異常がみつかり燃料がエンジンに十分に届かない時があることがわかった。そんな時の飛び方は危なくて見ていられない。エンジンが咳き込み始めると、急激に失速し、墜落すると思われながらも空港にたどり着く、ということを何度も繰り返した。でも、調べてみても特にすぐに対応が不要とのこと。今はなんとか騙し騙し飛ばしている。飛べなくなるのは時間の問題かもしれない。
a0252463_22082488.png

かあちゃん(家内)>

 ここの飛行機の中ではそうは言っても一番元気な輸送機。後半に入って、周囲からその働きが認められて昇格。より高価なオイルを入れさせてもらって以前にもまして活動的に飛んでいるが、今までの使い方が鞭を打っての活躍だったのか、タイヤがうまく回らないと言うようになった。離陸はなんとかなるが、着陸は危なっかしくてみていられない時もあり、空港に帰ってきてからは足回りのメンテナンスを夜間に突貫工事でやることが増えてきた。それでも、輸送機の周りには、小さい飛行機が群がって、その機体の感触を楽しんでいるようだ。人気者だ。
a0252463_22081020.png


 


                        記:とうちゃん  2019年 元旦






                     とうちゃんブログ

今までの 年賀状&暑中見舞い等

# by ncac0425 | 2019-01-01 00:03 | 年賀状&暑中見舞

★★ 2019年:年賀 ★★

2019年 賀正

 例年、盆正月の2回、または正月の1回、我が家の状況を飛行機に見立てましてお知らせしております
飛行機用語はよくわからない、という意見もありますが、リアルな表現は、あまりの凄惨さを伝えることにもなりますので、想像を膨らませて、ぜひ、お楽しみ下さい

長女>

 昨年のイーグルは、空港の仲間たちに自分の将来の姿を見せたいのだ、と発奮した。そんな夢のようなことが本当に起きるのだろうかと、空港の仲間たちは半信半疑だったけれど、それでもイーグルにペンキを塗っておめかしし始めたら、もしかしたら本当にそう思っているのかもしれないと思い、その夢のような言動に付き合ってみることになった。
 始めはおぼつかない感じのイーグルだったけれど、飛行に必要な部品の調達や、ライセンスチェックなどのための写真撮影に果敢に挑戦。修理のために飛ばなければいけないとなると、単独で空港を飛び出しきちんと修理をして戻ってくることができるようになった。
そんな中でも、仲間たちへの感謝も忘れずに、天気がいい日などは、長いロープにタオルがはためいていたりしている。
今年は、もしかしたら、スケジュールパイロットの準備に入れるのかも。期待が高まります。

a0252463_22075857.png

次女>

 イーグルほどの大きな変化はありません。相変わらず夜間に格納庫内でレーダーをぐるぐる回してます。情報には偏りがなく、安定して正確で、頼もしい情報源になっています。また、ケーキを作るような慎重さ加減で、みんなの分の燃料を作っている。ストップウォッチと計量器を手にして。そんなにしなくても燃料はできるような気もするんだが。そしてたまに、朝起きて格納庫にいくと、他の飛行機がピカピカに磨き上げられていることもしばしば。その仕上がり具合からあきらかにこの情報収集機の仕業なんだが、誰もその姿は見ていない。まだまだ、下の写真のように空を飛びそうにないけれど、その雄姿を早く見てみたいものだと仲間は待っている。
a0252463_22215710.png

とうちゃん(私)>


 老体のフェアチャイルドC-82パケット(映画「飛べフェニックス」の飛行機)は、昨年に入ってすぐに敵のスパイからの攻撃を受け、再起不能になったと誰もが思った。そのうちに、一時的な資金繰りに失敗してオイルの供給ができなくなった。悪いことは続いていく。今度はオイルを供給しても飛行機全体にうまく回らなくなった。
それでもいい整備士がいて、少し回復をして飛べるようになってきてはいたが、今度は、エンジンに燃料を送るポンプに異常がみつかり燃料がエンジンに十分に届かない時があることがわかった。そんな時の飛び方は危なくて見ていられない。エンジンが咳き込み始めると、急激に失速し、墜落すると思われながらも空港にたどり着く、ということを何度も繰り返した。でも、調べてみても特にすぐに対応が不要とのこと。今はなんとか騙し騙し飛ばしている。飛べなくなるのは時間の問題かもしれない。
a0252463_22082488.png
かあちゃん(家内)>

 ここの飛行機の中ではそうは言っても一番元気な輸送機。後半に入って、周囲からその働きが認められて昇格。より高価なオイルを入れさせてもらって以前にもまして活動的に飛んでいるが、今までの使い方が鞭を打っての活躍だったのか、タイヤがうまく回らないと言うようになった。離陸はなんとかなるが、着陸は危なっかしくてみていられない時もあり、空港に帰ってきてからは足回りのメンテナンスを夜間に突貫工事でやることが増えてきた。それでも、輸送機の周りには、小さい飛行機が群がって、その機体の感触を楽しんでいるようだ。人気者だ。
a0252463_22081020.png
家族>
 


                        記:とうちゃん  2019年 元旦






                     とうちゃんブログ

今までの 年賀状&暑中見舞い等

# by ncac0425 | 2019-01-01 00:03 | 年賀状&暑中見舞

年賀状&暑中見舞い等(随時更新します)

過去のものはホームページから移動してきました。

改めて、ブログ化するとまた趣きが違うものですねぇ。いやー、懐かしい。
今後は、ここにどんどん更新していきます。

★★ 2019年:年賀 ★★
★★ 2018年:年賀 ★★
★★ 2017年:暑中見舞い ★★
★★ 2017年:年賀 ★★
★★ 2016年:暑中見舞い ★★
★★ 2016年:年賀 ★★
★★ 2015年:暑中見舞い ★★
★★ 2015年:年賀 ★★
★★ 2014年:暑中見舞い ★★
★★ 2014年:年賀 ★★
★★ 2013年:残暑見舞い(番外編) ★★
★★ 2013年:暑中見舞い ★★
★★ 2013年:年賀 ★★
★★ 2012年:暑中見舞い ★★
★★ 2012年:年賀 ★★
★★ 2011年:暑中見舞い ★★
★★ 2010年:暑中見舞い ★★
★★ 2010年:年賀 ★★
★★ 2009年:年賀 ★★
★★ 2008年:年賀 ★★
★★ 2007年:暑中見舞い ★★
★★ 2007年:年賀 ★★
★★ 2006年:暑中見舞い ★★
★★ 2006年:年賀 ★★
★★ 2005年:暑中見舞い ★★
★★ 2005年:年賀 ★★
★★ 2004年:暑中見舞い ★★
★★ 2004年:年賀 ★★
★★ 2003年:暑中見舞い ★★
★★ 2003年:年賀 ★★
★★ 2002年:クリスマス ★★
★★ 2002年:年賀 ★★
★★ 2001年:暑中見舞い ★★
★★ 2001年:年賀 ★★
★★ 2000年:暑中見舞い ★★
★★ 2000年:年賀 ★★
★★ 1999年:暑中見舞い ★★
★★ 1999年:年賀 ★★
★★ 1998年:暑中見舞い ★★
★★ 1998年:年賀 ★★

                           以上

# by ncac0425 | 2018-12-31 23:59 | 年賀状&暑中見舞

★★ 2018年:年賀 ★★

2018年 賀正

 例年、盆正月の2回、我が家の状況を飛行機に見立てましてお知らせしております
飛行機用語はよくわからない、という意見もありますが、リアルな表現は、あまりの凄惨さを伝えることにもなりますので、想像を膨らませて、ぜひ、お楽しみ下さい

長女>

 昨年後半のイーグルは、月1〜2回ほど、近くまで飛んできてくれる空中に浮かぶ空母に出かけました。ここ何回かは空中給油機を従えず、ソロで飛んでいきました。まことに誇らしい姿です。今年からは、空中給油機を従えないといけませんけど、少し離れた場所で、別な部隊に合流しての作戦に参加することになりそうです。少しずつですが、スケジュールパイロットになるための準備を始めようとしています。
雪解け、やまない雨はない、とかいう言葉がどこからか聞こえて来そうな、そんな予感さえします。



次女>

 イーグルほどの大きな変化はありません。最近は夜間に格納庫内でレーダーをぐるぐる回してます。相変わらず情報には偏りがなく、安定して正確で、頼もしい情報源になっています。そうそう、最近、ケーキを作るような慎重さ加減で、燃料を作っている。ストップウォッチと計量器を手にして。そんなにしなくても燃料はできるような気もするんだが。
春よ来いって歌いたくなりますが、まだかな。



とうちゃん(私)>

 老体のフェアチャイルドC-82パケット(映画「飛べフェニックス」の飛行機)は、昨年の後半からエアフィルターに問題があるのか、それともピトー管に問題があるのか原因がわからないが、ちょっとした空気の状況や光や振動ですぐに墜落しそうになって戻ってきてしまうという事態が発生した。また、燃料の中に異物が混入して、修理不能の危険な状況に陥ってしまった。ただ、ジェット燃料なんて高級な燃料ではなく、やすい燃料に入れ替えたら、修理不能な状況からは脱しそうで、なんとも面倒な機体である。
暮れに長年使い続けた古い通信機を新しくした他、外国にいるもっと古い飛行機と情報交換を始めた。言葉はわかっているんだろうか、という周囲からの心配をよそにして。



かあちゃん(家内)>

 昨年のレーダー不具合が解消されて、ますます忙しく空を駆け巡っている。この白い機体の胴回りの触り心地がいいとかで、いろんな飛行機がよって来る人気者だ。



家族>

 そういえば、昨年は、航空業界で大事な人を決めるんだって投票があって、久しぶりに、4機が編隊を組んで飛んだ、ということがあった。もちろん、空中給油機を先頭に、両サイドに、イーグルと警戒機を従えて。フェアチャイルドバケット機は最後尾に着くというダイヤモンド編隊だった。あまりに嬉しかったから、つい写真を撮ってしまったほどだ。こんな日がいつもあるといいな、と思った次第です。


                        記:とうちゃん  2018年 元旦






                     とうちゃんブログ

今までの 年賀状&暑中見舞い等

# by ncac0425 | 2018-01-01 00:23 | 年賀状&暑中見舞

我が家はみんなで同じ事をすることが多い

とうちゃんでぇす。久しぶりです。

 私が今回50歳で自動二輪の免許を取ろうと思い立ったのは、長女が直前に自動二輪の免許を取得したからです。今までもバイクには乗りたいとは思った時期もあって、原付には10年ほど前に1年ほど乗ったことはありますが、やはり原付の二段階右折という制限をなんとかしたかったのと、周囲の車から、うざったい、邪魔、と思われて、酷い時には煽られる、という危険を回避したかったのです。(実際、自分が車を運転しているときは、そう思っていた)

 でも、なかなかそれに取り掛かれなかったのは、起こせないかも、体力がなくなってきた最近、果たして教習についていけるか、ということでした。でも、結果的にその背中を押したのが長女の免許の取得でした。

 なんかね、娘たちができたぁ、というので、「負けられない意識」が働くようです。

 自分が好きで最近嵌っている、Wii Resort のフリスビーゴルフなんぞも、長女は持ち前のパワーで行くので私は置いてけぼりを喰らいますが、次女の方には闘争心を燃やして、ハイスコアを出せば、なんとかそれを追い抜きたいという気持ちがメラメラしだします。(しょうがないお父ちゃんです)


 さて、我が家は家内と私が、そもそも同じようなことをするのが好きなので、今までやったことがなかったことでも、家内がやっていればそれに興味を持って私がやり始める。私がやっていることに家内が興味を持ってやり始める、ということが多いのです。
写真もそう、アマチュア無線もそう、バイクもそう、アメーバもそう、ブログもそう、Wii Resortもそう。


 アマチュア無線の時は参りました。

 私自身は、中学生の時に免許を取得して、細く長くやってまいりましたけど、今のマンションを買ったとき、あまりの環境の悪さに、無線をあきらめたのでした。そうしていたら、家内が無線の免許を取得し、娘たちも資格を持っていることが進学に有利(本当かよ?)、ということで講習会を受講して免許を取得したのでした。

 まさかねぇ、そんなぁ、みたいでしたよ。ここにきて、それ?

 で、無線ができる環境でないのに、なんとかアンテナを作って、設置して、交信ができる環境作りをしていったのでした。でも、娘たちはやりません。家内がかろうじてたまに声を出すぐらいです。でも、バイクのツーリング時にはあったほうがいいね、ということでやろうとしているのです。

 
 ブログは、最初は、ホームページから。家内が作ったのを見よう見真似で。その後、ブログを作った家内を横目で見ながら、ぶつぶつ言っていたのが、今では、いろんなSNSをやるようになったわけですよ。
一時はアメーバを家族で個々のIDを持っていて、アメーバ上の各自の部屋をお互いのパソコンから訪問しあっておしゃべりをするとか。。。家族がリアルで部屋に集まれば、こんなことわざわざしなくってもいいのに。。。とか。

 Wii Resort はコントローラーが4本あって、みんなで一緒に楽しむことができるようになっていたり。。。まぁ、4人で一緒には、なかなかありませんけどね。

 最近、料理を娘が作ってくれたりしていることが、私以外の家族に影響をしているようで、ちょっとなんか作ってみようかな、とか、名前が無いものが登場したりしています。そういうのが、「私を料理教室に連れてって」と言う気持ちにさせているのです。

でも、そうやって、家族で同じ事をワイワイやっているのって、楽しいですし、幸せを感じるときなのです。

# by ncac0425 | 2012-06-23 11:20 | とうちゃん