「ほっ」と。キャンペーン

★★ 2017年:年賀 ★★

2017年 賀正

ここのところ、毎年、盆正月の2回、我が家の状況を飛行機に見立てましてお知らせしております。飛行機用語はよくわからない、という意見もありますが、リアルな表現は、あまりの凄惨さを伝えることにもなりますので、想像を膨らませて、ぜひ、お楽しみ下さい

長女>

 ご存知の通り暫くの間格納庫にいたのですが、夏にゲーム会社が出したモンスター取得or破壊ミッションのためにスクランブルを繰り返すようになりました。いつものように急に飛び出して行く姿は本当に誇らしく、もう大丈夫なんではないかと思ったほどです。だって、いきなりネズミが沢山いるところまで遠征したのです。もちろん、空中給油機を引き連れてのスクランブルですけどね。そして、もしかしたら、スケジュールパイロットとして飛ぶ事になるんじゃないかとさえ思ったのでした。

ところが。。。
ある日、格納庫に侵入者がありました。そいつは、このイーグルに対して、何度も立て続けにミサイルロックオンを繰り返しました。いつどこに現れるかがわかりませんでした。それが、大きな大きなブレーキとなってしまいました。結局、あの快進撃はなんだったんだろうというほどに、信じられませんでした。もう、スクランブルしません。侵入者はまだ捕まっていません。時々、警備員の巡回がありますが、まだ解決していないのです。あー、なんてことでしょう。春はまだ遠いようです。



次女>


 昨年は残念ながらあまり大きな進展はありません。早期警戒機のE-2ホークアイは、未だに空を飛ぶ事なく地上にいながら相変わらずレーダー等で情報収集を続けています。ミサイルロックオンをされることはありませんでしたが、さらに飛べない状況に陥ったのでした。なかなか飛ばないなぁ。


とうちゃん(私)>

 老体のフェアチャイルドC-82パケット(映画「飛べフェニックス」の飛行機)は、昨年の年明け早々、年賀の挨拶もそこそこにトラブルに見舞われた。もう飛べないほどに落ち込んだ。しかも、納品先に荷物を持って行ったのに、お金をもらわずに帰ってしまったり、払わなくてもいいところに大金を払って回収不能になったのが、相当の痛手だった。
でも、春になって、スケジュールパイロットの仕事が舞い込んだ。これは、もう昨年の重大ニュースの筆頭だった。
一昨年から入れている潤滑油が功を奏しており、いくら老体にムチを打ってもどこまででも飛んで行けるんじゃないかとさえ思った。もちろん、そんな妄想は長くは続かないんだけど。
仕事が始ってすぐに燃料パイプが詰まって、墜落しそうになった。緊急で格納庫入りして、ちょっとだけ詰まった箇所がズレたので、復帰できたけれど、詰まったものが取れないために根本的な解決には至っていない。
そして、その後も快進撃が続いた(ように見えた)。
暮れになって、飛行中に隕石に遭遇という超レアな事故があって失速。飛べないなかちゃんは、ただのなかちゃんだとか言われて、まだ格納庫に入ったままだけど、スケジュールパイロットに復帰できるかどうか、怪しい正月を過ごしている。



かあちゃん(家内)>

 昨年のレーダー不具合が解消されて、ますます忙しく空を駆け巡っている。この白い機体への触り心地がいいとかで、米マックスとかに似ていると言われたり、トト◎ににているとか言われて、いろんな飛行機がよって来る人気者だ。






                        記:とうちゃん  2017年 元旦






                     とうちゃんブログ

今までの 年賀状&暑中見舞い等

[PR]

by ncac0425 | 2011-02-06 22:06 | 年賀状&暑中見舞