「ほっ」と。キャンペーン

★★ 2010年:年賀 ★★

あけまして、おめでとうございます。

 昨年は、一昨年の子供の就職、退院後の元気で収入が増えたりした分のツケが回ってきて、税金が3倍にも跳ね上がり払えず、役所と交渉する羽目に。そんなこんなだから車も維持できなくなり9月には手放すことになった。その甲斐あって、やっと年末には人並みの生活が送れるように戻ったのも事実。ホッ。

 健康面では、石は相変わらず、忘れたように砕けては落ち出てしているが、救急車を呼んでも痛み止めを処方されるだけで金ばっかりかかるので、極力使わないようにした。昨年の冬に痛めた左足の回復が遅く、時々杖を使う生活にもなったが、暮れまでにはなんとか回復。また寒い冬を迎えてしまったけど。
この冬は、低体温にも悩まされていて、34度台になるともういけません。電気毛布も、湯たんぽも効果が上がらず苦戦してます。

 仕事は相変わらず。派遣なのに1ヶ月更新というありえない状況ではあったが、後半からはそれにも慣れて落ち着きを取り戻した。世の中が余裕がなくなって、セキュリティも品質も忙しければやらんでいいの、ってな状況になっている中で奮闘中ではありますが、一方、なぜ、それを守らないといけないのか、それを守らないとどうなるのか、と言った、誰にでもわかりやすい説明の仕方に変えていかないといけないのかとも思う。

 趣味の世界は、無線でついに「災害情報収集研究会」というものを立ち上げた。災害時に無線をどう活用するのかを研究する会。ハム仲間の紹介で強力な助っ人が現れたため立ち上げたのだけれど、自宅があるマンションの屋上にアンテナを上げられれば一気に進むんだけど、マンションなだけに障害が多すぎることが、大きなブレーキになっている。でも、外での活動を多くやっていて、少しずつ成果が出ているのはうれしい。

 一昨年から、私の母のおかげで季節ごとに田舎に帰省してます。ここんところ、夏だけだったから、いろんな季節を楽しませてもらっています。ありがたいですよやはり親は。どんどんいろんなことを忘れていくのは悲しいけれど、自分もやがては通る道。いい思い出だけは残してね、って思うのは、子心でしょうか。

 まぁ、いろんなことをやっていますよ。仕事が不安ではありますが、なんだかんだ言って元気なのかな。

皆さんもお元気で、お過ごしくださいね。そして、近況もお聞かせください。

                        記:とうちゃん


☆かあちゃん:

 仕事で写真を扱うが、ライブの写真集提供では皆から喜ばれ、そういう技も身につけた。最近、音楽をSM△Pから嵐に乗り換えただけでなく、PCもWinからMacに乗り換えた。でも旦那を乗り換えるってぇのは・・・・・・無しにしようね。
相変わらず家政婦さんが欲しい忙しい日々を送っている。

☆長女:

 厳しい中での生活(仕事)、見ているからね。好きなことが仕事ならいいんだけれど、できれば、笑顔が出せて自分に合った仕事がいいよね。

☆次女:

 とうとう二十歳。大人の仲間入りだけど、見た目はまだまだお子ちゃまさ。いいんだよ、マイペースで。まだ元気だから。

☆とうちゃん:

 災害時に無線をどう生かすか、ということで有志と研究会を立上げたはいいが、周囲を建物に囲まれたこの環境で、どうやってアンテナを立ち上げるかが頭の痛いとこ。
家族の装備が新しくなっていく中、ただ一人、A型も新型も関係なく、車を捨てたり石を拾ったり、娘のお下がりを駆使したPCでがんばっています。


※これは、過去の年賀状および暑中見舞などをHPより本ブログに移動したものです。

今までの 年賀状&暑中見舞い等
[PR]

by ncac0425 | 2010-01-23 00:00 | 年賀状&暑中見舞