一家に一台(一人) 修理屋「なかちゃん」

 実は、私(夫)、電気製品の簡単なものなら修理してしまうんですのよ。

 今まで修理して使ったことがあるのは、扇風機、室内灯、レーザーディスク、PC内臓のCDドライブ。。。
 特に、結婚前から使っている扇風機は、何度分解して修理したか。と言っても、扇風機の段階のスイッチにペーパーがくっついてしまって、それを取り除くだけでスイッチを使えるようにしたり、という簡単なものですけどね。電源ケーブルを交換して半田付けしたこともありました。
最近の電気製品は、モジュールになっていて、部品交換というよりも、基板交換になってしまうので、もう、私の修理の範疇ではないのが残念ですが。

 室内灯は、家内と結婚したときに、偶然、同じものを持っていたものの1つで、紐を引っ張って明るさを切り替えるタイプのものです。紐によって切り替わるスイッチが、中で何かにひっかかって動かなくなってしまった、という不具合でした。
 これは、どんどんばらしていって、最後のスイッチのところをちょっとだけ触って上げるだけで解決しました。でも恒久的な解決方法ではなく、暫定的な解決方法なのでした。
そうやって、1年使い続けて、昨年暮れに、新しい蛍光灯に買い換えました。

 また、過去には、学生時代に下宿していた大家さんの家の蛍光灯のスイッチを別なスイッチに付け替えて直した、ということもありました。

 レーザーディスクやCDドライブなどは、同じ壊れ方をしたので、修理はそれほど難しくはありませんでした。

 まぁ、ちょっとしたものなら修理できるものなら、直して長く使っていきたいと思っているんです。
[PR]

by ncac0425 | 2012-01-22 07:38 | とうちゃん