家族としての しるし あかし

私(夫)が結婚したのは14年ほど前のことですが、結婚していきなり家族が4人(家内と娘2人)になりました。
その当時を思い出す記事を、過去の記事から見つけてきましたので、下記に紹介します。

原文のまま。
===
 結婚していきなり家族4人になったわけですが、結婚式はしなかったので、安い指輪(きっと包装代の方が高い)を買ってきて、喫茶店で指輪交換しただけでした。
まぁ、ここの顛末も爆笑なんではありますが。。。

 そんで、家に帰ってから、子供たちに見せびらかしたんですよ。なんの変哲もない指輪だったんだけどね。

 そうしたらさ、子供たちが「ずるい」って言うんだよ。

 ね、ずるいって言われたって、ね、家族4人分の指輪するのもおかしいでしょう。


 いろいろと考えた挙句、こういうことにしたのです。

 小さいそれぞれの誕生石を買って、それぞれが袋に入れて持つ。


 そんでもって、家族みんなで原宿に出かけましてね。直径が5mmほどの石の玉を4個ずつ買ってきて、皮製の小さな袋も買ってきて、そこに入れてね、持っているんですよ。
4月生まれがいなかったのは幸いでした。

 2月 :アメジスト 石言葉は『誠実・心の平和・高貴』
 5月 :ひすい   『清麗・夫婦愛・幸福・永遠』
 8月 :ペリドット  『幸福・平和・夫婦の愛』
 11月:トパーズ  『友愛・潔白・希望』


 今でも家族みんなが持っているかは知りませんが、おもしろいです。

これで、子供たちがホッとしたのです。

これが、家族のしるし、であり、あかしなのだと。
[PR]

by ncac0425 | 2012-01-09 14:18 | とうちゃん